移動式クレーンの知識

photo

 移動式クレーン運転士試験に合格し、移動式クレーンの運転士として活躍するためには、 移動式クレーンの知識について理解しなければなりません。




免許の区分

 移動式クレーン運転士免許は、あらゆる移動式クレーンを運転することができます。ここでいう運転とは、移動式クレーンを操って操作することをいうもので、公道を走行させる運転には別途運転免許証が必要になります。

つり上げ荷重と免許の区分 特別教育 技能講習 運転士免許
0.5t 以上、1t 未満の移動式クレーンの運転 運転可 運転可 運転可
1t 以上、5t 未満の移動式クレーンの運転 運転不可
5t 以上の移動式クレーンの運転 運転不可
備   考  公道を走行させる運転を除く

試験科目

移動式クレーン運転士試験の受験には、移動式クレーンの知識の学習が欠かせません。

試験科目 出題数 (配点)
学 科 移動式クレーンに関する知識
移動式クレーンの関係法令 
原動機及び電気に関する知識
力学に関する知識
10問 (1問3点)
10問 (1問2点)
10問 (1問3点)
10問 (1問2点)
実 技 移動式クレーンの運転
移動式クレーンの運転のための合図

各科目の学習について

● 移動式クレーンに関する知識は、移動式クレーンの種類と形式、構造部分、作動装置、安
  全装置、取扱い等についての学習です。 移動式クレーンに関する知識を初めて学習する
  方は、 難しいのではと思われるかも知れませんが、 予備知識がなくても容易に理解でき
  ますので、 心配する必要はありません。

● 原動機及び電気に関する知識は、 ディゼルエンジン、 油圧装置等についての学習です。
  専門的なものが数多く含まれていますが、焦ることはありません。 時間を掛けて何度も
  反復し、ポイントを整理して理解を深めましょう。

● 力学に関する知識は、多くの公式を学習しなければなりません。計算問題は、ほんの少し
  数値を変えるだけで、幾らでも新しい問題を作ることができます。したがって、基本とな
  る数式を理解することが計算問題を解く鍵となります。

● 関係法令は、 クレーン等安全規則、労働安全規則、労働安全衛生法、 労働安全衛生法施行
  令等よりなるものです。法令には、一般に馴染みのない用語が使用されています。また、
  条文を理解するためには、他の条文の意味を知ることで、やっと分かるという難解さがあ
  ります。ここで学ぶ関係法令は、法令の趣旨の明確化と活用の便宜を図るため、一般的な
  用語をできるだけ用いた分かりやすい内容なので、容易に理解することができます。

ページトップへ

crane-club.com

Copyright crane-club 1999 All Rights Reserved.