FAQ よくある質問

photo

 安全衛生技術センター、教習所、クレーン、免許、語源、その他のご質問等、 皆様から寄せられた「 よくある質問 」についての回答です。




安全衛生技術センターに関するご質問

● 安全衛生技術センターへの受験の申請は、いつ頃するといいですか?
 申込者が多いので早めに申請しましょう。申請が遅い場合は、次回に回される可能性があります。

●  安全衛生技術センターに受験の申請を行いましたが、受験票はいつ届きますか?
 申請書を提出されてから10日位で届くはずです。10日を過ぎても送られてこない場合は、問い合わせて下さい。

● クレーン・デリックや移動式クレーンの学科試験では、何点取れれば合格できますか?
 学科試験は、100点を満点とします。科目別に40%以上の正解率で、かつ、全科目の合計点数が60点以上であれば合格です。

●  学科試験に電卓の持ち込みは可能ですか?
 電卓は、使用しても構いません。ただし、文字及び計算式の入力機能があるものは使用できません。

● クレーン・デリック〔 限定なし 〕の実技試験は、デリックを使って行われるのですか?
 クレーン・デリック〔 限定なし 〕の実技試験にはクレーンが使用され、デリックが使用されることはありません。ただし、クレーン・デリック運転士免許〔 床上運転式クレーン限定 〕の実技試験には、つり上げ荷重が 5t 以上の床上運転式クレーンが使用されます。

●  移動式クレーンの実技試験では、操作レバーを一度に何本操作するのですか?
 移動式クレーンの基本的な操作レバーは、起伏、旋回、伸縮、巻上操作用の 4 つです。 ただし、実技試験では伸縮操作は行いません。 したがって、実際に操作するのは、起伏、旋回、巻上操作用の3 つのレバーです。 ただし、 複数のレバーを操作する必要がある場合でも、2 本以上のレバーを操作することはありません。実技試験で一度に3 本以上のレバーを操作した場合は、減点になります。

● 私の地区では出張特別試験は行われないのでしょうか?
 1 地区につき年に1 度行われています。詳しくは、在住地を管轄する安全衛生技術センターにお問い合わせ下さい。

教習所に関するご質問

● 教習所に入校すれば、安全衛生技術センターの筆記試験や実技試験は免除になりますか?
 教習所に入校しても、安全衛生技術センターの筆記試験は受ける必要があります。ただし、教習所で実技教習の修了試験に合格すれば、安全衛生技術センターの実技試験が免除になります。

● 教習所には大きさの違う移動式クレーンが数台ありましたが、どれに乗るのがいいですか?
 クレーンを選べるとしたら、迷わず一番大きなクレーンに乗りましょう。大きなクレーンほど荷揺れが少なく操作が楽です。

● 近くに教習所がないため、どこかに泊まらなくてはならないのですが?
 宿泊施設のある教習所もあります。宿泊施設がない場合は、お安い旅館等を紹介して頂けます。

クレーンに関するご質問

● 移動式クレーンの仕事に従事するためには、いくつ資格が要りますか?
 移動式クレーンの仕事に従事するためには、移動式クレーン運転士免許、玉掛技能講習修了証ならびに車両の運転免許証が最低限必要です。

● 超大型の移動式クレーンに憧れています。これに乗るためには、どんな資格が必要ですか?
 移動式クレーン運転士免許は、あらゆる移動式クレーンを運転することができます。100tはおろか500tでも1000tでも操作できます。

● ラフテレーンクレーンを公道で走行させるための免許証は、クレーンの大きさによって違うの?
 ラフテレーンクレーンは、クレーンの大きさに係らず、大型特殊自動車免許があれば公道を走行させることができます。

● オールテレーンクレーンは、大型特殊自動車免許で公道を走行てきるのですか?
 オールテレーンクレーンは、各種ステアリングモードで方向変換ができるトラッククレーンです。 このクレーンは、大型自動車免許で公道を走行することができます。ただし、機種によっては上部旋回体を別送する必要があります。

● 4.9tトラッククレーンの運転と操作には、どんな資格が要りますか?
 4.9tトラッククレーンは、普通免許で公道を走行することができます。このクレーンを操作するためには、小型移動式クレーン技能講習を受けて下さい。

● 小型移動式クレーン技能講習受講のための実技の練習は、何をすればいいですか?
 小型移動式クレーン技能講習のための実技の練習は、特に必要ありません。試験官の説明をよく聞き、冷静に対処すれば難しいことはありません。ただし、学科の予習をしておきましょう。

● ユニックを操作できる資格を取りたいのですが?
 ユニックとは商品名で、積載型トラッククレーンのことです。このクレーンを操作するためには、小型移動式クレーン技能講習を受ける必要があります。また、玉掛技能講習も受けておく必要があります。

● 何t 以上を大型クレーン、超大型クレーンというのですか?
 つり上げ荷重が100t以上を大型クレーン、200t以上を超大型クレーンと慣習で呼んでいます。

● 高層ビルの建設に使われている屋上のクレーンは、最後はどうやって地上へ降ろすの?
 100m程度のビルは、大型のクレーン車で地上からブームを伸ばして屋上のクレーンを解体して降ろすこともあります。 高層ビルの場合は、屋上のタワークレーンで一回り小さいクレーンの部材を地上からつり上げてクレーンを組立て、元のクレーンを解体して地上に降ろします。この作業を繰返して順次クレーンを小さくし、最後は人間の手で解体した小さなクレーンの部品をエレベーター等で地上に降ろします。

● 文化財になったクレーンがあるの?
 三菱重工業長崎造船所の水の浦岸壁にあるクレーンが有形文化財です。明治42年にイギリスのマザーウェルブリッジ社から購入したもので、国内初のハンマヘッドクレーンです。このクレーンのつり上げ能力は150t、高さ61m、ジブ長さは73mで、当初は飽の浦岸壁に建てられていましたが、昭和36年に現在の水の浦岸壁に移設されました。 クレーンの全景は、対岸から手に取るように見ることができます。 なお、有形文化財とは、建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書その他の有形の文化的所産で、我が国にとって歴史上又は芸術上価値の高いもの ( これらのものと一体をなしてその価値を形成している土地その他の物件を含む。 ) ならびに考古資料及びその他の学術上価値の高い歴史資料をいうものです。

● 移動式クレーンを操作する運転席は右側、油圧ショベル等は左側にあるのはどうして?
 移動式クレーンと油圧ショベル等の運転席の位置が違うのは、輸送の関係です。油圧ショベルをトレーラー等で輸送する場合、油圧ショベルは後ろ向きに乗せます。トンネルの壁面は、端になるほど狭くなります。したがって、トンネルを通過する時に壁面に機体が引っ掛からないように油圧ショベル等は運転席が左側になっています。

● 移動式クレーンのジブとブームの違いがよく分かりません。どこが違うの?
 ジブとブームは、同じものです。 箱型構造ジブは、主ジフをブームと呼び、その先端に取付ける補助ジブやラフイングジブをジブと呼びます。また、クローラクレーン等のラチス構造ジブもジブと呼ぶのが一般的です。

免許に関するご質問

● クレーン・デリックや移動式クレーンの運転士免許は、何年ごとの更新ですか?
 クレーン等の免許に更新制度はありません。現在お持ちの免許証は、原則として一生涯有効です。

● クレーン・デリック運転士免許があれば、玉掛けを行うことができますか?
 現在のクレーン等の免許には、玉掛けの資格は含まれていません。したがって、玉掛けの仕事に就くためには玉掛技能講習を受けなければなりません。

● クレーン運転士免許で移動式クレーンを操作している人がいました。これって違法でしよう?
 昭和47年4月1日以前のクレーン運転士免許には、移動式クレーンの資格が含まれています。クレーンと移動式クレーンの資格が分離したのは、昭和47年4月1日以降のことです。 したがって、それ以前のクレーン運転士免許を所有されている方は、この免許で移動式クレーンを運転することができます。

● クレーン・デリック運転士〔クレーン限定〕は、限定なしの免許と比べてレベルが下なの?
 とんでもありません。クレーン・デリック運転士免許〔クレーン限定〕は、クレーンとデリックが統合される前の旧クレーン運転士免許とまったく同じ資格です。法令改正によって、単に名称が変更なっただけです。

● 5t未満の移動式クレーンの運転ができるといわれ、昭和63年に移動式クレーンの運転の業務に係
  る特別教育を修了し、その資格を生かすこともなく現在に至っています。 この資格は現在も有効で
  すか?

 以前は、移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育を修了すれば、つり上げ荷重が5t未満の移動式クレーンを運転することができましたが、今はつり上げ荷重が1t未満の移動式クレーンの運転しか行うことができません。平成4年10月の法令改正により、つり上げ荷重が5t未満の移動式クレーンは、小型移動式クレーン技能講習を修了しなければならなくなりました。このため、当時の特別教育の修了者を小型移動式クレーン技能講習修了者に移行させるため、技能特例講習を受講すれば小型移動式クレーン技能講習修了者として扱うという救済処置が一定期間設けられました。昭和63年に移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育を修了し、その後、技能特例講習を受けずに現在に至っている場合は、つり上げ荷重が1t未満の移動式クレーンの運転ができます。 つり上げ荷重が5t未満の移動式クレーンを運転するためには、小型移動式クレーン技能講習を修了しなければなりません。

その他のご質問

● クレーンの語源を教えてください?
 Craneという言葉を英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語の辞書で調べると、 鶴又は起重機と訳されています。紀元前一世紀頃のギリシャ、ローマ、エジプトの建設工事には、簡単な滑車やウインチが使用されていました。この機械らしきものの姿が鶴のように見えたため、元々は鶴を表す言葉として使用されていたCraneに起重機という意味が加わったといわれています。

● デリックの語源を教えてください?
 デリックの語源は、17世紀の英国の死刑執行人、ゴドフリー・デリックの名前が由来しています。 彼は多くの大物を死刑に処したことで有名になり、当時の人々は絞首台のことをデリックと呼ぶようになりました。彼の死後、荷揚げ装置が発明され、この装置の形が当時の絞首台にそっくりだったため、荷揚装置をデリックと呼ぶようになったといわれています。

● 玉掛けの語源を教えてください?
 玉掛けという用語は、昭和22年に公布された労働安全規則に記載されているため、それ以前から玉掛けと呼ばれていたようです。玉掛けの語源は、諸説あります。つり具のワイヤロープのアイの部分を玉といい、これをフックに掛けるところから玉掛けとなったという説、 勾玉がフックに似ているという説、大砲の弾をクレーンで運搬する作業から生まれたという説、 大切な物や貴重な物を玉と称していたからという説があり、真相は明らかではありません。

● とび職の語源を教えてください?
 その昔、高い建造物の建築作業者の方達は「 鳶口 」という樫の棒の先に鳶のくちばしに似た鉄製の鉤(かぎ)を付けた道具を使っており、その道具の名前から「鳶の者」と呼ばれていました。このため、今でもとび職と呼ばれています。ちなみに、とび職は英語ではスパイダーマンといいます。

● 「クレーンの日」があるの?
 「クレーン災害ゼロ」をもじった9月30日がクレーンの日です。このクレーンの日は、クレーン等による労働災害の防止を目的に昭和55年に設定されました。

ページトップへ

crane-club.com

Copyright crane-club 1999 All Rights Reserved.