SI 単位

photo

 世界各国において単位の統一が進む中、 我が国でも法定計量単位をSI単位(世界共通単位)に統一するために、計量法の全面改正が行われました。




単位

 クレーン・デリック及び移動式クレーンの試験に登場する単位には、新計量法が用いられている。 したがって、SI 単位の理解が必要不可欠である。

重力単位 旧計量法 新計量法
質 量 Kg又はt Kg又はt Kg又はt
重 量 Kg又はt Kgf又はtf
力の大きさ Kg又はt Kg又はt  N
力のモーメント Kg−m又はt−m Kgf・m又はtf・m  N・m

重量

 月面の重力は、地球の重力の1/6である。地球上で重量6Kgf の物体は、 月面上では1Kgf になる。重量とは、状態に応じて変化するあやふやな存在のため、これまで慣れ親しんでいた重量は、新計量法によって1999年を限りに追放された。 したがって、力学においては、重量という用語は用いられない。

                 
           地球上の重量 60Kgf       月面上の重量 10Kgf

質量

 地球上で6Kgの質量の物体は、月面上でも6Kgの質量である。物体の質量が地球上でも月面上でも同じなのは何故か。それは、パリ郊外の国際度量衡局の地下室に保管されている 1Kgの分銅 (キログラム原器)を1Kgの質量とするという全世界の約束事があるからである。地球上で質量6Kgの物体を天秤の皿の片側に乗せ、もう一方の皿に質量6Kgの分銅を乗せると天秤はつり合う。月面上では分銅に働く重力が1/6になるため、ここでも天秤はつり合う。したがって、6Kgの質量の分銅につり合う月面上の物体の質量は、やはり6Kgということになる。 質量とは、「物体そのものを構成する物質の量」であり、 その量は如何なる空間においても変化することはない。力学でいう荷の重さ等は、この質量で示され、単位にはKgやtが用いられている。

               
       キログラム原器    質量は如何なる空間でも変化しない。

荷重

 力学においては、力を表す用語として荷重が用いられている。この力学の知識においても力を表す用語として荷重を用いる。 また、単位には N ( ニュートン )や kN ( キロニュートン )を使用している。ただし、つり上げ荷重、定格荷重、安全荷重等の用語は、荷重を質量の意味として使用している。

       
ページトップへ

crane-club.com

Copyright crane-club 1999 All Rights Reserved.