物体の安定

photo

 物体の安定とは、外からの作用によって物体に微小な変化を与えても、元の状態からのズレが一定の範囲に収まるような状態、あるいは変化が起きにくい状態をいいます。




安定及び不安定

 静止している物体に力を加えて少し傾けて離した時、物体が元の位置へ戻ろうとするなら、その物体は「 安定 」又は「 すわりが良い 」という。逆に物体が転倒しようとする場合は、「 不安定 」又は「 すわりが悪い 」という。また、傾いたままの状態で停止する場合は、「 中立のすわり 」という。 図のように重心からの鉛直線が物体の底面を通る時は、物体を元に戻そうとするモーメントが働き、 物体は元の位置に戻る。 重心からの鉛直線が物体の底面から外れる時は、物体を倒そうとするモーメントが働き、 物体は転倒する。

       

物体の安定性

 物体には、少し傾けるとすぐ倒れる安定性の悪い状態と、 少々傾けてもすぐに元に戻る安定性の良い状態がある。 物体を床に置いた時、 重心位置が低く、転倒支点から重心までの水平距離が大きいほど、物体を安定させようとするモーメントは大きくなる。図のように物体の置き方を変えると、BはAよりも底面積が大きく、重心位置が低くなる。これにより、BはAよりも安定性が高くなる。つまり、同じ物体でも置き方を変えることで安定を良くすることができる。 したがって、 物体を安定した状態に保つためには、重心位置を低く、底面積が広くなるように置くことが重要である。

       
ページトップへ

crane-club.com

Copyright crane-club 1999 All Rights Reserved.