免許制度の推移

Illustration

 労働安全衛生法等の見直しにより、免許制度が幾度も改正されました。 現在のクレーン等の免許には、更新制度はないため、多くの運転士は取得当時の免許をそのまま所持しています。このため、法令の改正を知らないと、どうして? と戸惑ったり、疑問が生じることがあります。クレーン等に関わる者は、免許制度ついてよく理解しておく必要があります。

● 起重機運転士免許の誕生 昭和22年11月施行 (1947年)

日本に初めてクレーンの免許制度を導入
 起重機運転士免許は、クレーン、デリック、移動式クレーン、揚貨装置の運転が可能で、玉掛けの資格も含まれている。

● 免許の更新制度を開始 昭和27年9月施行 (1952年)

免許の有効期間を 5 年とする更新制度を設ける。

● 起重機運転士免許を3つに分割 昭和37年11月施行 (1962年)
● 更新制度の廃止

 起重機運転士免許を「クレーン運転士免許」、「デリック運転士免許」、「揚荷装置運転士免許」の3つに分割。 このクレーン運転士免許には、クレーンの他に移動式クレーンの資格が含まれている。この年、免許の更新制度が廃止される。更新制度は、開始からわずか10年で終了。現在の免許は、原則として一生涯有効。

● クレーン運転士免許を2つに分割 昭和47年4月施行 (1972年)

 クレーン運転士免許から移動式クレーンの資格を分離し、クレーンの運転ができるクレーン運転士免許と移動式クレーンの運転ができる移動式クレーン運転士免許の2つに分割。 ただし、昭和47年4月の法令施行前のクレーン運転士免許を有する者は、 クレーンならびに移動式クレーンを運転することができる。

● クレーン運転士免許等から玉掛けの資格を分離 昭和53年10月施行 (1978年)

 法令施行後の免許には、玉掛けの資格は含まれない。 このため、玉掛けの資格は別途取得しなければならない。ただし、施行前に取得した免許には、玉掛けの資格が含まれている。

● クレーン運転士免許に床上運転式に限定した免許を設ける 平成10年3月施行 (1998年)

  床上運転式クレーン限定免許を有する者は、つり上げ荷重が5t 以上の床上運転式クレーンを運転することができる。 床上運転式のクレーンとは、床上で運転し、横行は荷の位置に関わりなく一定の位置で操作し、走行はクレーンの移動と共に運転者も移動する方式のクレーンをいう。

● クレーン運転士免許とデリック運転士免許を統合 平成18年4月施行 (2006年)

クレーン運転士免許とデリック運転士免許が統合され、クレーン・デリック運転士免許が誕生する。この免許には、限定なしの他、クレーン限定、床上運転式クレーン限定の免許がある。 なお、デリックに限定した免許は設けられていないため、デリックを運転するためには、クレーン・デリック運転士免許 〔 限定なし 〕 を取得しなければならない。

ページトップへ

crane-club.com

Copyright crane-club 1999 All Rights Reserved.