移動式クレーン運転士免許

Photo

 移動式クレーン運転士免許は、あらゆる移動式クレーンを運転することができる資格です。ここでいう運転とは、移動式クレーンを操って操作することです。公道を走行させる運転には、運転免許証が別途必要です。


資格区分 特別教育 技能講習 運転士免許 備 考
つり上げ荷重0.5t以上
1t未満の移動式クレーンの運転
運転可 運転可 運転可 道路上を走行する
運転を除く。
つり上げ荷重1t以上
5t未満の移動式クレーンの運転
運転不可
つり上げ荷重5t以上の
移動式クレーンの運転
運転不可

受験資格

 移動式クレーン運転士免許試験の受験に学歴や業務経験等の制約は設けられていませんが、次のいずれかに該当する場合は免許を受けることができません。
  1. 身体又は精神の欠陥により、免許に係る業務に就くことが不適当な者。 ただし、都道府県労働
     局長が認める者については、 身体に欠陥がある者でも取扱うことができる移動式クレーンの種
     類を限定し、作業についての必要な条件を附して免許を与えることができる。
  2. 免許が取消され、その取消しの日から1年を経過しない者
  3. 満18歳に満たない者

受験申請書の入手方法

 移動式クレーン運転士免許試験の受験申請書用紙等一式 ( 免許試験受験手続きのご案内、 受験申請書の作り方、受験申請書 )は、安全衛生技術センター、都道府県労働基準協会(連合会 )、社団法人 日本クレーン協会支部、労働局長登録教習機関、その他取扱い団体で無料配布しています。安全衛生技術センターに受験申請書用紙を郵送でお求めの場合は、受験申請書の部数を明記したメモ及び切手(1部:200円、2部:240円、3〜5部:390円 )を貼った宛名明記の返信用封筒 ( 角形2号33cm × 24cm )を同封の上、各安全衛生技術センターに申し込んでください。 受験申請書の書き方につきましては、免許試験受験手続きのご案内に詳しく掲載されています。

受験の申請

 指定試験機関に受験の申請を行う場合は、所定の受験申請書に必要事項を記入し、次の書類と共に各安全衛生技術センターの窓口に提出又は所定の封筒を用いて簡易書留にして郵送してください。
  1. 提出書類等
    免許試験受験申請書 ( 所定の用紙 )
    試験手数料
    写真1枚 ( 30mm × 24mm )
    添付書類
  2. 提出先
     各安全衛生技術センター
  3. 提出方法
     郵便 ( 簡易書留 ) 又は窓口 ( 土日、国民の祝日、年末年始等は休み )
  4. 受付期間
     試験日の2ヶ月前から受付。 郵送の場合は、2週間前の消印のあるものまで有効。窓口の場
     合は、センターの休日を除く試験日の2日前まで有効。定員に達した時は、第2希望日が受験
     日になります。

労働安全衛生法に基づく試験科目の詳細

筆記試験は、100点が満点です。 科目別に40%以上の正解の上、全科目の合計点数が60点以上が合格です。 実技試験は、移動式クレーンを安全かつ正確に運転するために必要な技能の有無が判定され、減点の合計が40点以下が合格です。試験の結果は、試験日から10日以内に発表されます。合格の場合は、免許試験合格通知書、実技試験を伴う者の学科試験合格者は、実技試験受験票、 それ以外は免許試験結果通知書で受験者に直接通知されます。 なお、受験された安全衛生技術センターの掲示板にも掲示されます。

移動式クレーン運転士免許試験

  すべての移動式クレーンを取扱うことができる移動式クレーン運転士免許を取得するための免許試験。実技試験には、つり上げ荷重が5t以上のラフテレーンクレーン又はトラッククレーンのいずれかを使用。

種類 試験科目 出題数(配点) 試験時間
学科 ・移動式クレーンに関する知識
・移動式クレーンの関係法令
・原動機及び電気に関する知識
・力学に関する知識
10問(1問3点)
10問(1問2点)
10問(1問3点)
10問(1問2点)
2時間30分
1科目免除者は2時間
実技 ・移動式クレーンの運転
・移動式クレーンの運転のための合図
受験時間は、午前又は午後に分けて受験票に記載

免許証の申請手続き

 筆記試験と実技試験に合格しただけでは、 移動式クレーン運転士の免許証を手にすることはできません。免許証を取得するためには、申請者本人が直接又は郵送によって免許証の申請手続きを行わなければなりません。労働局長登録のクレーン学校に入校して実技教習を修了し、その後、安全衛生技術センター(指定試験機 関)の筆記試験に合格し、免許試験合格通知書を公布された者、あるいは筆記試験と実技試験を安全衛生技術センターにおいて直接受験して合格し、免許試験合格通知書を公布された者は、「 免許証申請書 」 を東京労働局免許証発行センターに送付します。 ただし、本人による郵送のみ受け付けます。安全衛生技術センターの筆記試験に合格し、その後、クレーン学校に入校して実技教習を修了し、免許試験合格通知書を公布された者は、 所在地を管轄する都道府県労働局の安全衛生を担当する課に免許証の申請手続きを行います。免許証は、この手続きを経て晴れて手にすることができます。 免許証の申請書は、 最寄りの労働局、労働基準監督署、安全衛生技術センターで入手できます。 受験申請書の書き方は、「 免許試験受験手続きのご案内 」に詳しく掲載されています。
 
 東京労働局免許証発行センター
 〒 108−0014
 東京都港区芝5−35−1

● 免許試験合格者等のための免許申請書等手続きの手引き

  厚生労働省のホームページにおいて、「 免許試験合格者等のための免許申請書等手続きの手引き 」をご覧頂くことができます。ただし、厚生労働省 がご提供するファイルは、PDF形式です。ご利用の際は、Adobe Reader ( アドビ リーダ ) を前もってパソコンにインストールしておいてください。
 厚生労働省のホームページへ  

ページトップへ

crane-club.com

Copyright crane-club 1999 All Rights Reserved.