免許取得への道

Illustration

 クレーンは、 建設現場、 部品工場、製鉄所、造船所、港湾、運輸等のあらゆる現場で活躍しています。企業のニーズは、 今後も益々広がります。 様々な現場に必要不可欠なクレーン等の資格は、仕事の幅を大きく広げ、安定した需要と収入が見込めます。

資格のメリット

 クレーン・デリック運転士免許や移動式クレーン運転士免許には、次のようなメリットがあります。

● 経験がなくても免許が取れる

知識や経験がなくてもチャレンジできるライセンス !
正社員として安定した生活を築くことができる可能性の広がる資格です。

● 就職や転職に有利

資格取得は、就職、転職の大きな武器 !
クレーン・デリックや移動式クレーンの免許は、多くの企業が求める有望な資格です。

● スペシャリストになれる

プロとして勝負できる資格 !
 「 士 」 という肩書が付く資格は、これまで養ってきたキャリアや人脈を生かして独立することも可能な夢のある資格です。

免許の取得方法

 クレーン等の免許を取得するためには、筆記試験と実技試験に合格しなければなりません。免許の取得方法は、受験者の状況に応じて次のコースから選択することができます。
  1. 一般者コース
     クレーン学校 ( 労働局長登録教習機関 ) に入校し、学科の教習を受けながら実技
    教習を修了。その後、安全衛生技術センター ( 指定試験機関 ) の筆記試験を受験。
  2. お薦めコース
     安全衛生技術センターの筆記試験を受験し、この試験に合格した後、クレーン学校
    に入校して実技教習を修了。 一般者コースと比べて教習時間は短く、教習料も若干安
    くなる。
  3. 経験者コース
     安全衛安全衛生技術センターで筆記試験と実技試験を受験。免許取得に要する時間
    と経費は最も少ないが、実務経験がない場合には、何度も受験を繰り返すことになる
    ため、結果として免許取得に多くの時間と費用を費やす恐れがある。

ページトップへ

crane-club.com

Copyright crane-club 1999 All Rights Reserved.